作文 15 時計の見てきたこと

この小さな古時計は長年多くの者を見てきた。昔は、ある老夫婦のものだった。夫婦はとてもいい人で、ある日だまされてしまい、多くのものをとられた。しかし、老夫婦は時計だけ隠し持っていた。それから、少しして老夫婦はなくなってしまった。時計は、老夫婦のことが大の大好きだった。とても優しい人で、毎日毎日家の中を掃除していた。世間知らずの時計は、世の中の人はみんながあの老夫婦みたく、哀れみ深いと思っていた。――そこに来た男を知るまでは。

男は老夫婦の家をあさって時計を城まで持って帰り、時計の前でいろいろな悪いことをしてきた。高利貸しで、多くの人を泣かせまっくて、金をぼったくっていた。多くの人を自殺に追い込んだ。時計は嫌でもその姿を見なくてはならなかった。しばらくして、男がいなくなると、今度は貴族が入ってきた。貴族は贅沢な暮らしをして国民のことを1ミリも考えてなかった。貴族はいなくなると、今度は大家族画素の城に住んだ。大家族はいつも喧嘩をして、者を投げつけていた。大家族も死ぬと、時計はその城から、時計はそこからは永遠に動かなかった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です