昔話を読んでいます

最近よく読む本は推理小説や英語の本など難しめの本が多いです。しかし一方で、昔話もよく読んでいます。しかも何年も毎日のように読んでいます。昔話は簡単で短いものが多く、内容もとても面白いです。昔話ほど面白い話はめったにありません。昔話を読んでいるとほとんど同じ話を見かけることもたびたびありますが、全く見たことのない新しい話を見ることもあり、飽きがくることは決してありません。読んでいて、おかしくて笑ってしまうこともよくあります。たぶん極端で単純な話が多いからでしょう。

たしか小学生低学年の時だったと思いますが、グリム童話をすべて読みました。それからこれは小6ぐらいの頃ですがペロー童話集も全部読みました。パンチャタントラ、ラフォンテーヌ寓話、イソップなども読みました。ぎょうせいの『世界の民話』は読んでいる途中です。福音館書店の『日本の昔話』は全5巻で300話入っていますが全部読みました。未来社の『日本の民話』も3巻ほど読みました。この他にも絵本などでまだまだ昔話を読んでいます。これからもたくさん読んでいくつもりです。

昔話には桃太郎や赤ずきんのような有名な話以外もたくさんあり、どれもすばらしい傑作です。私が好きな昔話の(どれも甲乙つけがたいほど楽しい話ですが)ほとんどは全然名前を知られていません。分別八惣、てんとうさま金のくさり、うまかたやまんば、ディエーハ、かしこいモリー、まぬけのホンザ、ジャッカルたちととら、二人兄弟などです。みんなとてもすてきな話です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です