好きな本

4人兄妹の末っ子のサラです。

昔、私は本をあまり読みませんでした。難しくて、テレビや漫画の方が好きだったからです。でも、両親に読み聞かせをしてもらい少しずつ本が読めるようになりました。

いま、私はアガサ・クリスティーの話を夢中になって読んでいます。最初の頃は、姉タタラがすすめたので読みましたが、私はあまり面白いとは思わずにずっと読みませんでした。しかし、その後もすすめられ続け、面白いと思うようになりました。それからは全巻を読むことにして、毎日毎日読んでいます。現在は、アガサ・クリスティー自伝を読んでいます。他のアガサ・クリスティーの推理小説・戯曲・それ以外の推理小説ではないものも読みました。

モーリス・ルブランの『アルセーヌ・ルパン』もタタラにすすめられ、最初はまったく読みませんでした。でも、一緒にタタラと読むようになりお気に入りの本になりました。好きなところは何十回も繰り返し読んでいます。

J・K・ローリングのハリー・ポッターは、読んでいるうちにとても面白くなりました。なので全巻セット(みんな用)があるにもかかわらず、誕生日プレゼントとしてハリー・ポッターの本を買ってもらいました。もう何百回も好きなシーンを読んでいます。登場人物の名前もすらすらいえるぐらいになっています。ハリー・ポッターの図鑑も、買ってもらいました。

私は推理小説の他に冒険小説、船に乗って無人島に着く話が大好きです。『二年間の休暇』、『無人島に生きる十六人』、『ロビンソン・クルーソー』など、船に乗って無人島に着く本をいろいろ読みました。

無人島に関する本を読むうちに、私は無人島に行く話を書きたいと思い、その話を書いています。推理小説も書いているので、推理小説の方を優先に書いています。もともとタタラが推理小説を書いているのに影響を受けて、私もまねをして推理小説を書いています。

 

 

 

Follow me!