三女が読んだ本(続き)

父モモが書いた三女が読んだ本の投稿をした後に、またそれから読んだ本を集めてみました。

『アルジャーノンに花束を』はタタラが読んでいて、面白そうだったから読んでみました。『ムーミン』は幼い頃にアニメを見ていたのですが、あまり覚えていなくて、その本を全巻買ってもらいました。いま、読んでいる最中です。『チョコレート工場の秘密』も映画で見てから、買ってもらいました。『ピーターラビット』はまったく読んだことがなくて、読んでみました。

  下の『イタリア民話集』などは、親が私が知らない間に買った本です。面白そうだったので、親が読む前に私が奪い取って読みました。

 

アガサ・クリスティー以外の推理小説です。『メインテーマは殺人』を書いた人が別の話『カササギ殺人事件』も書いているのですが、どちらも面白くて素晴らしい推理小説でした。『オペラ座の怪人』は本屋でタタラと見て、これ家にあるんだよとタタラが言ったので、読んでみることにしました。なかなかに興味深い作品でした。

昔話が多いです。『シャクンタラー姫』といった、絵本が六冊あります。『お見舞にきたぞうさん』の話も良かったです。『オクスフォード 世界の民話と伝説』はヨーロッパの話が多いです。

ミヒャエル・エンデ全集を父モモに頼んで買ってもらい、現在すべてを読もうとしています。『果てしない物語』『モモ』は、この中でも私が一番好きな話です。

『アルテミス ファウル 妖精の身代金』はファンタジー小説が見たくて、インターネットで調べているうちに見つけました。ちょうどいま読んでいます。

全十巻の『デモナータ』は、一巻目の表紙をちらりと見て、どういう話しかと兄アゴンに尋ねました。アゴンから話のあらすじを聞いてみて、良さそうだったので読みました。面白くて一気に読んでしまい、一週間ですべて読んでしまいました。毎日毎日時間の隙間に読んで楽しかったです。

『ダレン・シャン』もアゴンから聞いて読みました。これも『デモナータ』に負けないぐらい、いや、それ以上に面白くて登場人物も好きになりました。『クレプスリー伝説』や『外伝(読みたいところだけ読みました)』とあわせて、八日で読みました。一番右にある『バーティミアス』もアゴンからあらすじを聞いて途中まで読んでいるところです。

Follow me!